田舎OTのひとりごと

田舎出身/在住の作業療法士(OT)が呟くひとりごとが中心です. 基本的にはOTのことですが、漫画や音楽、本のことなんかも書くかもです.

リハにおける意思決定

6月8日に株式会社geneさんの方で行われた勉強会に参加してきました。

 

結論から言うと、EBMの手順や論文を読み解く力、人がなぜ行動するのか、患者・セラピストにかかるバイアス、SDM(シェアードデェジションメイキング)の手順といった、自分に足りない知識や技術を痛感しました。

(今日説明があった内容ほぼ全てでした笑)

 

最近、目標設定に関する勉強会や書籍にて学び、臨床でも重要性を再認識しているところですが、特に意思決定に関することがわからなすぎて。

 

職場でもEBMが重要・EBMができるセラピストの育成などの方針がありましたが、手段的なことは個人レベルの自己研鑽扱い…エビデンス固執し、経験レベルの考えは、内容を問わず否定的に見られやすく…

 

なんとなく違和感は感じましたが、自分も知識がなく言語化できず…動くことができず…

 

臨床でしっかりとした方法ができるように、具体的な方法が学びたく、参加させて頂きました。

 

冒頭でも書いた通り、分からないこと・本気で勉強した方が良いことが発見できたことが、とても大きな収穫でした。

 

勉強していくポイントとしては、

①行動科学(行動変容に向けて)

②基礎的な統計学用語の理解(情報を読み解けるため)

③システマティックレビューの方法を理解(情報を読み解けるため)

④自分自身のバイアス傾向の把握(SDMに向けて)

⑤患者のバイアス傾向を、把握できるための思考過程の練習(SDMに向けて)

⑥説明・共感に向けたコミュニティケーションの練習(SDMに向けて)

⑦臨床における思考過程の系統化

 

 

めちゃくちゃ多い!汗

 

今まで勉強してこなかったツケですね汗

 

 

しかし、EBMやSDMを取り扱っている書籍の紹介があり、今回の資料含め教材としては揃えていきやすいと感じました。

(書籍はPT・OT・STのための診療ガイドライン活用法、SDMに関しては今後発売予定みたいです。アメリカでは、養成校の段階でSDM等学ぶらしく、翻訳本が発売されるみたいです。)

 

今回、得ることができた情報を整理していくと共に、伝達講習などで仲間を集えれば…

 

また、勉強した内容は、自分の思考過程の整理含めて、記事にまとめていければと思います。